忍者ブログ
一次創作ごっこして断片的に書き散らかす部屋
Posted by - 2020.02.25,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by ゆきえ - 2017.08.08,Tue
はいね「聴いて下さい、…ー“chaos”…」

…ー君の姿 揺れて儚く 宵闇に飲まれ
絡めた指先一つ 確かめることもできないまま
「大丈夫だから」そう呟く君の声は震えていて
ああ 決して離さず君を守ると叫ぶ僕の声は虚しく響く
無垢な笑顔も か細い指先も 風に揺れる髪も
今はただ 深い闇に塗り潰されt

女神「あの、ちょっといいですか」
はいね「なんすか、ちょうどサビ前っすよ」
女神「これ、この音楽は…何ですか?」
はいね「え?そりゃ、女神様を祀る神楽っすよ、なあ?」
れーや「うん、女神様のためにはいねが作曲作詞したんです」
女神「あなた方は、その、私を祀る覡ですよね」
れーや「そりゃもちろんそうですね」
女神「こう…祀ってもらえる側としては、もっと…こう…かわいい感じの」
はいね「かわいい感じ」
れーや「女神様、そりゃ無しじゃないすかね」
女神「えっ」
れーや「はいね、女神様のために二徹して作ったんすよ、そこは認めてあげないと」
女神「えっ」
れーや「そういうのって頭から否定するんじゃなくて、まず最後まで聴いてから」
女神「…えぇ…私が悪いんですかね…」
はいね「れーや、いいって、そこまで言われたら女神様へこむっしょ」
れーや「あー…すいません、女神様」
女神「えぇ…いえ…」
れーや「んじゃとりあえず通しで」
はいね「おっけおっけ」
女神「……」
PR
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]